スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文 その2 〜トラウマ〜

前回に引き続き。
この前の記事を書いてから、思い出しました。


下の子が小4の時、やはり夏休みで読書感想文を書きました。
2学期になってからのある日、学校から帰って来て
「今日の宿題、感想文を清書して来なさいって。市のコンクールかなんかに出すんだって。」
「へー、そうなの?すごいね。良かったね。」
「書きたくないよ。」
「なんで?」

理由を聞いてみると、自分が考えて書いた感想文が、先生の手によってかなり手直しされていて、僕が思ったここと違うことが書いてあるのだと。
先生が手直しして下さった感想文は、それはそれは立派でした。
元の文章の半分以上は先生の手直しでした。
うちの子にはとてもこんな文章は思いつかないだろうし、この本を読んでもこんな感想は持たないだろう、と。

「僕が思ったことと違うから、こんなの書いても意味ないよ。書きたくない。」と泣きました。
何とかわたしがなだめて 泣きながらも清書していきました。
原稿用紙は、涙と消しゴムでくちゃくちゃでした。
子供のせいいっぱいの抵抗でした。


子供の言うことは、もっともだ、そう思って担任あてに連絡帳をとおして家での様子を伝えました。


次の日、連絡帳の返事には、担任から
「学校で書き直しさせました。」の一言が。

わたしは、子供がどういう気持ちでこの清書を書いたのか この担任は想像しただろうか、と考えました。
と同時に何の為のコンクールなのかと 大きな疑問を持ちました。



後日、市の感想文の応募要項を目にする機会がありました。おそらく学校の先生宛に市からおくられたもの。
それには、児童の書いた文章そのままではなく、教師が指導・手直ししたものを提出するよう書かれていました。

この文章の意味するところは?

確かに、子供の文章力・表現力は未熟です。その部分を、先生がサポート・指導して下さるのは当然のこととして納得出来ます。
でも、子供が思ってもいない感想を 先生がかわりに書くって……捏造っていうんじゃないでしょうか???


子供の中で(私もですが)、これ以来担任の先生に対する信頼感は限りなくゼロに近づきました。




読書感想文が大好きな人がこの文章を読んで、気を悪くされたらごめんなさい。

でも、やっぱりわたしには、感想文の存在意義がわかりません。
本を読んだ個人の感想に、コンクールで順位をつける意味もわかりません。






スポンサーサイト

読書感想文

今日からKeiは二学期。
8/28から学校なんて、わたしが子供の頃にはあり得んかった。
二学期は9/1から、そういうものだと思ってましたから。

わたしの子供のころは、土曜日は半日、夏休みに2回位登校日がありましたね。
Keiいわく「そっちの方があり得ん!」そうです。
そう考えると、ずいぶん時代は変わったのね〜。


Kei は、「夏休みだと宿題がたくさん出るから、イヤだ。その分週休3日か4日にしてくれた方がいいよ。」
なーんて言っております。

ま、確かに自由研究とか読書感想文なんかはホント迷惑な宿題でした。
あの読書感想文なんてものは、百害あって一利無し…とまでは言いませんけど、何の意味があるのか、大人になった今でもわかりません。

わたしは、小さいときから読書は好きで、今でも結構本を読んでるほうだと思います。

読んでる最中は、夢中です。無意識に場面を想像しながら、
次の展開にワクワクどきどきしたりして。
読み終わって、「面白かった」「感動した」「考えさせられた」等等いろいろ思うことあります。
本に励まされたり、考え方や生き方を変えるほど素晴らしい本にも巡り会えました。


でも、読書感想文を書かなくてはならない=宿題になった途端、
純粋に読書を楽しめなくなっちゃうんです。

読みながら「ここは感想文に使えそうだな」とか「この一文が作者の一番伝えたいことなのかな?」なーんていう邪念が入ります。

”あとがき”まで読んで、感想文に参考になりそうな文がないか探しちゃったりして。
学年が上がるにつれ、「こういうことを書くと、先生にウケそうだな』っていう書き方のツボみたいなものがわかって来て、
心にもないことを書いて感想を盛り上げる…そういうノウハウ(単なるずる賢さ)を体得していきました。(実際それで何度か入賞しました)

『読書感想文の書き方』とやらを見ると、
印象に残った場面やその時の気持ちををメモしておきましょう、
気になった場面が後でわかるよう付箋を付けておきましょう 云々。
真剣に読んでる時にそんなことできるか!



そもそも、読書感想文て何のねらいがあってに書かせてるんですかね?
 課題図書や推薦図書を売りたいため?
 子供達に読書の楽しさを教えるため?
 読書を通して自分と向き合うため?
 そしてそれを文章に表す力を養うため?
ウーンわかりません。

モモの高校でも、読書感想文の宿題がありましたが、
きょうびの高校生の中には、ネットで 過去の優秀作品を検索して
それをチョチョッと手直しして、提出する子もいるとかいないとか。



読書感想文が宿題であるが故に、本を読むのが好きになれない子っていると思います。

わたしの孫の代には、どうか夏休みの宿題から読書感想文が外れていますように。

ちなみに外国にもあるんですかね?
知りたい。





夏の終わり

いやぁ〜 いっぺんに涼しくなっちゃいました。
涼しいを通りこして、ちょっと寒いような。

今日の午前中も少し雨が降ったりして、ああもうこれで秋になっていくのかなぁ…、
な〜んて しんみりしちゃったりなんかして。

でも、私この夏 一度も冷やし中華食べてないってことに気がつきました。
そうめんも何度も食べた、アイスもいっぱい食べた、
マンゴーも枝豆もゴーヤーもオクラも、夏の味覚は大体制覇したと思っていたけど、
冷やし中華は、まだだったわ。

ってことで昼ご飯に作ってみました、今年話題だったマルちゃん正麺の冷やし中華!
うちの家族は、発売から何度か わたしのいないお昼に食べているんですけどね。
わたしは今日が初でした。

一応、錦糸卵ときゅうりの千切りとゆでもやしをのっけてそれらしく。
自分一人のお昼ご飯に手を抜かないで
わたしってエラいわ。なーんちって
味?うーんおいしかったと思う……って言うのも変ですけど、
一人分の冷やし中華の具を用意するのに、中途半端に材料が残るのがイヤだったのできゅうり小一本、卵一個分の錦糸卵、
冷蔵庫に残ってたもやし、これを全部トッピン具、いやトッピング。


麺の倍ぐらいの具の量に、タレも行き渡らず?
口に入れても具ばかりが主張してて麺はどこ????っていう状態に。
遠くの方で麺の味がしてました。
中華麺入りのモヤシサラダっていった方が的確な表現かも。
バランスって大事だわ。
残り物が出ないようになんて 主婦の悲しい生態が邪魔しました。トホホ


で、口直しにってわけじゃないですけど、
この前静岡に行った時に買って来たお茶漬けセット、これがなかなかおいしかったので紹介。
DSCN5230.jpg

白形でん四郎商店さんの “お茶屋の静岡茶漬け”

お茶屋さんが、お茶漬けに合うようなお茶を選んでブレンドしティーバッグにしたものと
静岡の名産品が具材としてパックされてます。
お好みで自分で 具を添えてもいいと思います。
お茶漬けに合うように選ばれたお茶なので、自分の家で入れる緑茶で入れるのとは風味が全然違いました。
某大手メーカーさんのお茶漬けとも 全く違います。(ま、あれはあれで好きなんですけどね)

3食分で 578円。静岡駅のお土産売り場で買いました。
かわいいパッケージで、お茶を持ってる福助みたいな小僧さんと目が合いました

一食分約190円。
パッケージ無しの具とお茶だけでいいのでお徳用も出してくれるとうれしいな。
おいしくてサラサラ食べちゃうからあっという間に無くなっちゃうんです。
たくさん食べたいな〜と思ってご飯の量を増やすときは
くれぐれもご注意ください、バランスに。




おばけのような

巨大なズッキーニを頂きました。
私の腕よりも太い!(決して、自分の腕が細いということをアピールしてるわけではありません!)

DSCN5246.jpg

まな板で輪切りにしたところです。
あ、これで一本です。念のため。
まな板だって直径30cmはありますよ。中華用のですから。
一番太いところで6〜7cmはあるでしょうか。

さて、どう料理しようか考えた結果 夕飯にスパゲティにすることに。

DSCN5248.jpg

DSCN5250.jpg

ズッキーニをグリルで焼いた後、炒めたベーコンと一緒にトマトソースで煮込みました。


お味は………大きすぎるズッキーニ、おいしいですっ!あまいっす!
グリルして煮込んだズッキーニは、柔らかく ベーコンとニンニクとトマトのうま味がしみて
でも、煮崩れせず 食べごたえがありました。
主人も絶賛

これをくださったOさんいわく、
「2日程留守をしていて 畑に行かなかったら とんでもなく大きくなっていた」のだそう。

そのお蔭でお化けズッキーニは、我が家にもらわれて 
おいしく胃袋に納まることとなりました。
Oさん、ごちそうさまでした。
また、成長しすぎたズッキーニがあったら いつでも声をかけて下さいね♡


復帰

 あ〜 暑い
言うつもりはないけど、ついつい口からでちゃいます。

もう8月も終盤になって来たけど、あとひと月はこの暑さが続くのかな〜……。

そんな暑さの中、私、再就職を希望する看護師の相談会に行ってきました。

15年程の看護師経験の後、家の事情で退職。
近くの商店でパートをしていますが、なんかここ数年、
「もう一回 看護の仕事をやってみたいなぁ」と思うようになりました。
でも、ブランクも10年近くあるし、体力的にも不安はあるし、
今勤めてるところもすぐには辞められないし…なーんて、いろいろ考えちゃって悶々としてました。


別に今の仕事に不満がある訳ではないのだけれど、
看護の仕事から離れてみて、いろいろ感じるところがありました。
医療の仕事は、確かにキツい。身体もキツいが精神的にキツいです。
命がかかっているから、患者さんも家族も医療に求めるものが大きい。
それに100%応えられる訳ではないから、看護していても矛盾を感じたり、
無力感におそわれたり、患者さんに怒れてみたりするけど、
なんかあの緊張感の中で仕事をしていた自分が
今は、すごくかっこ良かったなって思える。

もう急性期の現場復帰は無理だけど、もう一回看護師として仕事したいなあ、
でもブランクもあるし、歳もとったし……………

って相談してみました。
相談会にいらして 話を聞いて下さったのは、偶然にも以前勤めていた病院の元看護師長のHさん。
今は、看護協会のお仕事をされているんだそう。
 
Hさんは、私の話を聞いて下さって、「大丈夫よ。もっと長いブランクがある人だっているんだから。
再就職の為の復帰プログラムもあるし、歳とってるなんてまだまだ全然OKよ〜。引く手あまたよ。免許があるのにもったいないわよ。」と励ましてくれました。

希望する条件、再就職したい時期などいろいろな項目をチェックして登録しておくと
医療施設の求人とマッチングして 連絡して下さるのだとか。

私の場合、下の子が中学を卒業するまでは今の仕事を頑張ろうと思ってるのでその旨も伝えてきました。
「じゃあ、その前の年に 復帰プログラムを受けてね」と。

なんか、ぽんぽんポーンと一気に 目の前が開けた感じ。
すぐに復帰するわけではないけど、自分の悶々としていたキモチがス〜ッとしたのでした♡
相談会から帰って 初めて家族にその話をしたら、みんな賛成してくれて。
モモなんて「お母さんがやりたいんでしょ、やった方がいいよ。やってほしい。」とまで言ってくれて。
母感激だよー!

私、なんだか頑張れそうです。思いきって相談に行ってよかったわ〜.









Green Days

昨日、長女(高1 モモ)の高校へ行ってきました。
モモは、吹奏楽部。
夏のコンクール、全国大会を目指してほとんど休みなく朝早くから夜までとにかく練習練習の毎日。
夏休みに入っても、休みナシ。宿題、いつやるの?って感じ。
ほんとに一生懸命でした。

1年生ながら、コンクールに出させてもらえることになって、やった事のない楽器を2ヶ月間猛練習。
指の皮も剝けるほど。

私が「そんなにキツいなら、吹奏楽に入らなきゃ良かったね、」って言うと、
「部活は大丈夫。頑張れる!」って。
(そうかぁ、それなら、応援するよ、ってか応援するしかないよね。)


結果は、県大会敗退。
残念……。

私以上にモモは、モモ以上に2,3年生は 悔しいはず。
あんなにがんばったのに、あんなに素晴らしい演奏だったのに!

でも、結果は変わらない。



そんな悔しい敗退から1週間。
吹奏楽部が『コンクールの応援ありがとうコンサート」を開いてくれました。
場所は、学校の講堂。
引退した3年生、OB,OG,保護者etc.のために演奏してくれました。

コンクールに出られなかった1年生メンバーから、先輩達へ。
コンクールまで引退せず残ってくれた3年生メンバーから後輩達へ。
顧問の先生や、支えてくれた人たちへ。
一人一人の心が伝わる そして心から音楽を楽しんでいる事が伝わって来る
本当に素晴らしい演奏でした。

演奏しているみんなのの顔を見て、モモがこんなステキな部の一員でいられることに感謝。
こんな素晴らしい人たちに巡り会えた事に感謝。

コンクールは 思った通りの結果じゃなかったけど、
努力して来た事は、間違いなくモモを成長させてくれてると思うよ。

こんなに一生懸命に打ち込めるものがあるって うらやましいな。

キラキラの青春だ。












お盆

仕事の後、実家にお盆のお参り。

実家は、神道なので お盆よりもお彼岸を重視するはず(?)なのですが、
まあ そこはそれ、深く考えずに。
でも、なんかいいですよ、お盆にご先祖様がたが
あの世からこちらに来て下さるっていうのが。

私なんかは、ほとんど無宗教みたいなもんだけど、今こうして幸せに生きていられるのも
ご先祖様のお蔭だと思っています。ほんと、ありがたいです。
いつも、守られている事に 感謝。



夏休み

今日は、一日だけお休み。

子供(中1・男子Kei)と静岡へ行ってきました。
新東名をつかって、ひとっ走り。市街中心部まで1時間20分足らず。速い! スイスイ! 
うちから 浜松駅に行くのが大体1時間かかるもんなぁ。

静岡は、学生時代に住んでいた街だから、懐かしかった。
新しいお店も増えたけど、昔からのお店もまだまだたくさん残ってて、うれしかったなぁ。
県庁や駿府公園のお堀の周り、街のど真ん中なのに静かなたたずまいの浮月楼の辺り、好きだな〜

Keiは、ノスタルジーに浸る母親には全く興味なく、ひたすら東急ハンズをめざす。
ま、今日の目的はそこだからね。

ハンズは、セノバの3F。フロアの半分弱がハンズ。
渋谷のハンズと比べれば、規模は小さいけど、田舎者の我々にはちょうどいいサイズ。
それでも、隅から隅まで見るとなると、けっこう時間がかかりますよ。
私め、Loftやハンズ、大型スーパーとかをクルージングしてると 時間を忘れます。

今日は、子供たちのイヤホンと調理用のトレイ、それと以前から欲しかった
“片手で一度に外せる洗濯物干し”

結構 めんどくさいじゃないですか、一つ一つピンチから外すのって……。
物干をひろげた時に ピンチがからまってイライラするしー!!!
 
でも、これからは、そんなストレスから解放されるはず。
多分ね。









ブログデビュー

やっと、ここまでたどり着けました。

熱しやすく、冷めやすい私の性格で、このブログがどんな風になるかわからないけれど、
「いつか、自分のブログが出来たらいいなあ〜」という気持ちを、
ダンナ様がサポートしてくれました。(感謝)

気分次第で 支離滅裂な文章もあるかもしれません。
でも、その時その時で、このブログを通して自分と向き合える時間が持てる事を楽しみたいと思います。

                    ゴーヤーサンド
プロフィール

ゴーヤーサンド

Author:ゴーヤーサンド
FC2ブログへようこそ!
沖縄の青い空と澄んだ海が大好き。読書したり、料理したり、仕事と家事の合間の自分の時間がとても好き。
日々のいろいろを 不定期に”ちょこっと”書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。