スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華気分

我が家の献立、中華率が高い。

理由は、私が「好きだから」。
ケーキを作る時も、基本的には「私が食べたいから」。
そして、もうひとつの理由、それは、、、、、、
外食しようとする時、「今日は中華にしよう」と提案すると、子供達から
「えーッ いやだ」と、却下されるから。
そう、家族で中華を食べるなら家で作るしかない。

一番登場回数が多いのは、ダントツで麻婆豆腐。ひと月に3回ぐらいやってるかも。
その次が、唐揚げ、八宝菜、中華飯、青椒肉絲、春巻き、餃子、、、あたりでしょうか。
ラーメンやチャーハンにも、私がいない時には度々お世話になってるらしい。

一番気合いが入るのは、春巻き。
具の中に春雨を必ず入れて、片栗粉でとじて揚げた時、トロッとなるように。
手間がかかるので、食べたいと思った時と、やる気のある時が同期しないと作れない。
しかも、作ったのを冷凍して揚げると、ほとんどの場合破裂して涙することになるので、
食べる分だけ作ったら、その日のうちに揚げて完結。


で、今回は春巻きや餃子よりもラクチンなシュウマイで晩ご飯。
ひき肉だねを皮に包んで。ひだを作ったりしなくていいし、蒸せば出来上がる。

シュウマイの皮、2袋で50個以上
蒸す前
DSCN5778.jpg

蒸し上がり〜!
DSCN5782.jpg

辛し醤油で、10個ぐらいはぺろっといっちゃう。
できたての熱々は、それだけで御馳走。
食べきれず、残ったシュウマイは翌日青のり入りの天ぷら粉衣をつけてお弁当にいれて 。

あー満足満足。

次は春巻き、食べたいな。
やる気モードに入るのはいつか???



スポンサーサイト

定演

4月26日(土)
Momoの部活の定期演奏会。

DSCN5772.jpg

もうほとんど部活一色の状態で、二日前から本番のホールで21:30までは練習。その後片付けをして家に帰り着くのは23:00過ぎ。バスに乗れるかどうかもあやしい時間だし、年頃の娘を抱える親として一人で帰らせるのも心配。結局私も小一時間かけて浜松駅まで連日迎えに行ってた。

開場17:30。その時間には、ありがたいことに長蛇の列。
入場すると大ホールでも もうあまり残席はなく。
主人と2人で着席。実家の両親は、まとまって座れそうもなかったので別の席で。

ホール1.2階席ともに一杯で座れないお客様が、、、、、、。(後半、3.4階席もオープン)。

そんな中、第一部校歌で開幕。
この校歌、吹奏楽関係者ならおなじみの音楽家八木澤教司氏の作曲。
作曲だけでなく吹奏楽編曲も氏が手掛けて下さっているという、わたしもMomoも大好きな曲。
いつ聴いても本当に素敵。

コンテストマーチ「マーキュリー」に続いて3曲目の
「メトセラⅡ」

パーカッションのMomoには最後の最後まで「16分音符でかぶせていくところが 私だけズレる」といって悩んでいた。
とにかくこの曲は打楽器がハズしたら話にならない作品なので、私も緊張した。
出来は、、、打楽器は合格点じゃないかな。欲を言えば管楽器がもうちょい力強く出ると良かったと。
6/21のヤマハ吹奏楽団の定演でもこの曲がプログラムに入っていたので、本家の演奏も是非聴いてみたい。

そして、今年度のコンクール課題曲から
「きみは林檎の樹を飢える」

これは、、、、う〜ん、上手なのかどうなのかよくわからない。曲自体が現代音楽(?)で、メロディーラインのはっきりしない音楽は私には難解で。でも課題曲の公募から選ばれた曲なのでその筋の方がきけばいい曲なんでしょうけど

「オセロ」は、特にⅠ、Ⅲ、Ⅳが良かった〜。
情景が浮かんでくるよう。

第二部ははじけてたポップスステージ。
世界的トロンボーン奏者の中川英二郎さんとの共演。そして武生商業高校の植田薫先生もゲストで。

昨年秋のEテレのスクールライブショーの中で中川さんがうちの学校を指導しにきて下さったのが競演のきっかけに。
もう音とテクニックは唖然!絶賛!
「マスター・ブラスター」「ルパンⅢ世のテーマ」なんぞはカッコ良すぎの感涙もの

植田先生も超ファンキーな先生なので会場全体が大盛り上がり!
特に『Give Up The Funk」「The Bird」では、先生がお客さんを総立ちにさせて おじいちゃんおばあちゃんたちまで踊らせてしまうほど。私達はもちろん、演奏している部員たちの楽しそうな顔と言ったら!!!
浜松人はミュージシャンのライブでもノリが良くないことで有名らしいけど、植田先生の魔法に掛かったね

第三部で「エスカペイド」「キリストの受難」
を演奏しアンコールを2曲で終演。

時間はかなりオセオセ、もうホールのタイムアップ直前。

でも、途中で席を立つかたもほとんどなく、最後まで聴いて下さった方が多いのにはビックリした。
それだけこのバンドが地元から愛され支えられているということでもあるのだと、、、。
そうした方々に支えられて活動出来るということは、部員にとっても もちろんMomoにとっても私達家族にとっても本当に幸せなことありがたいこと。心から感謝です。

当日の朝、昼と夜とニ食分のお弁当を持たせたのに
「時間がなくて食べられなかった。でも、全然お腹空かなかった。」といって23:00過ぎに帰ってきたMomo。
それだけアドレナリンが朝から出っぱなしの緊張状態だったんだ、、、。

2日経っても、Momoは まだ「定演が終わったていう気がしない」と言ってるけれど、これでほとんどの3年生が引退。
いよいよ甘えていられなくなるね。
次は、夏のコンクールに向けて始動!

お母さんもまた応援するよー





オンナを取り戻す

4月。

初々しい制服の高校生、「自転車に乗せられてる感」満載の中学生
大き過ぎるランドセルの小学生、どこかぎこちない感じの着こなしですぐわかる社会人一年生、、、、こういうの見るの大好き。
さすがに4月も後半になって来ると、そのぎこちなさや 危なっかしさもだいぶこなれて来る気がする。

私は、というと、もう社会人歴も20年を超え新鮮味も薄れてる。
新卒が入ってくるような職場でもないし。
驚くなかれ、この私が最年少の職場の年齢構成。

そんな訳で街でフレッシャーズを見るのは、疲れた身体にオロナミンCを飲んだくらいの効きめがある(安い!)。

「私もオシャレしよっかな〜 春だし。」
と思う、この時期毎年。


若いころから、オシャレが上手な方ではない。
コーディネートが下手なのは自覚してる。
20代前半は、ミニスカートも履いたけど、基本パンツ。 
今も、夏の ド暑い日に引っ張りだしてスカートをはくぐらい。

今のパンツって、ウエストにゴムが入ってるものが多いんだけど、いつからこうなったのか?
身体を甘やかしちゃうよなぁ、と思う。って、私もストレッチばっかりだけど。

あと、チュニックって着たことない。
チュニックって、誰も彼もがマタニティに見えてしまうのは私だけ?
あれに慣れちゃったらお腹周りがもっと ゆるんできそう

なので、大体いつも同じ感じの服装になっちゃう。
色:地味(紺・黒・グレー)
上:カットソー、ポロシャツ、半袖セーター、パーカー、カーディガン
下:ジーンズ、スキニー

しばらく前に Momoの迎えに行った時、「友達に、『迎えにきてるの、お父さん?』っていわれちゃったよ」!!! 
確かに、髪はベリーショート、暗がりで車の窓越しだから仕方ないと思う、が ちとショック。

「これが私のスタイルだ!」といえばそれまでなのだけど、
やっぱり春ですから

で、本屋でつい手に取ってしまった。“大人服”スタイル
DSCN5765.jpg

ふんふん、そっかー。
こういう風に着こなせたステキだな。
色の効かせ方も、上下のバランスも、私のとは違うんだよなー。
ワンピースやスカートもいいな。
今度、一着買ってみようかな。

こんな風に、見てるだけでもなんか楽しくなって来る。

ちょっと、今までとは違うのもいいかも。

野菜室的一週間の始まり

今日は休み。いつもの野菜の買い出し。

DSCN5716.jpg

車で15~16分の地場産の野菜が並ぶファーマーズマーケット。
いつもながら大変な混雑ぶり。
これでも、平日はまだいい方。土日は駐車場も一杯であふれているとか。

大体、買うものは決まってる。
トマト、ミニトマト、春キャベツ、ネギ、新玉ねぎ、セロリ、アスパラ、ピーマン等。
写真の量で家族4人の一週間分。
もちろん、普通のスーパーで買うものもあるからこれだけではないのだけど。

買い物から帰ると、冷蔵庫の野菜室は満員状態。
実家から届くタケノコや、近所で頂く自家野菜なんかもあるので、きちんと整理しながら入れないと入りきらない。

職場の先輩から頂いた天然のクレソン。
この緑がきれいで元気が出る!
DSCN5747.jpg

さあ何にしようか、、、、。
いつもは、肉を焼いて、ザクザク切ったクレソンをババッと混ぜて、っていう食べ方が多いのだけど(実はもう先週一度やったので、)今日は素直に(?)サラダにしてみる。

DSCN5754.jpg

セロリとトマト、茹でタコのスライスも合わせて。
クレソンは、ちょっとクセがあるけど、幸いにして家の家族は全員OKなので、大量に使っても大丈夫。
スーパーで買うとなると、ほんのちょっとの一束で100円以上するので、なかなか買えない。
こうしてたくさん頂けるとホントにありがたい〜〜〜

こうして献立を考えて野菜を調理し、だんだんに空いて行く冷蔵庫の野菜室を見ると、一種の達成感がある。
それでもって、家族が喜んで食べてくれれば最高。

さあ、今週もがんばりますよ=。



お一人様

休みの日のお昼、大体はあり合わせのものでうちで済ませるのだけど、たま〜に一人で外食する事がある。

基本的に、「お一人様」。

カフェも、うどん屋さんも、パスタも、中華も。

回転寿しも、ラーメン屋も 焼き肉屋さんもお一人様体験済み。

私のお一人様歴は長い。

小6の時、夏のとある日曜日、一人バスに乗ってかき氷を食べに行った。

中学の時に、一人で豊橋の街まで行って初めて喫茶店に入った。
雑誌で紹介されていたその店のグラタンを食べてみたくて。

かき氷はともかく、中学生での喫茶店デビューは緊張した。
一歩間違えば補導されてしまうかもしれない時代。

エビグラタンを注文して、待っている間も落ち着かず、出されたグラタンもどんな味だったかもわからない程。
ただ、思い返してみるに、そのころから食べ物に対する執着が強かったんだなぁと、、、。

その後は、一人で飲食する事に自信がついて(?)、中学生でも マクドナルドや、モス、ミスドなど女子グループでワイワイ入るのがふつうのお店でも、一人ではいるのに抵抗がなくなった。
まわりからみたら、変わった女子だったかも。

中学や高校生のとき、女子どうしで教室を移動したりトイレへ行くのにも連れ立って行くのが、めんどくさかった。
「一人で行けばいいのに」と、どこか冷めた目でみつつも、みんなに合わせてた。

ま、友達と食事するのも嫌いじゃないんだけど、相手のペースにも合わせ、話を合わせながら食べる、、、、というのがチョイ苦手。基本 内向的なもんで。

一人だと何するにも気楽。
食べたいものをオーダーし、自分のペースで食事ができる。

旅行も同じ。
学生時代に、アルバイトしたお金で一人で京都〜山口〜九州まで1週間程旅行した。
親もよく出してくれたなーと思う。若い女の子の一人旅なんて。


最近は、お昼ご飯を一人で食べるのを見られるのがいやで、トイレの個室で隠れるように食べる大学生や社会人がいるらしい。私には信じられない事。
一人で食べる=友達がいない、というふうに見られたくないのだとか、、、、。
一人で堂々と食事出来ることは、かっこいいことだと思うけどな〜。



今はどこへ行っても 結構「お一人様」が多いので、昔ほど目立たなくなった。
ホテルのランチビュッフェでも、お一人様は存在する。


一度、「吉野家とかの牛丼、食べたことないから今度入ってみようかな〜。」って言ったら、
主人から「それはちょっと、、、、、。そういうの見ると、悲しい気がするからやめて。」と返された。

え?悲しい?あ、そうなの?。

牛丼屋で自分の女房が一人食べてるのを想像すると、なぜかいたたまれないらしい。

私も、一応気を付けてるよ。「一人の方が気楽」と言っても、恥ずかしくない程度の服装で 立ち振る舞いもだらしなくないように。
個人的には、牛丼屋だろうがなんだろうが変わりはないのだけど。
そんなわけで、いまのところ 牛丼屋は未体験ゾーン。

私の大先輩で、一人ではコーヒーも飲みに入れない人がいるけど、外食においてはそういう人より私の方がはるかに楽しんでいると思う。

これから先もどんどんいきますよー。

お一人様バンザーイ!!!

バター好き

あ〜、どうした事か?
IDとパスワードは間違っていないのになかなか管理画面にログイン出来ず。

パスワードまで変更したのにそれでも受け付けられず、FC2IDの方から入ってきた次第。
あ、これだけで疲れた。



気を取り直して、、、、、、

バターをきらした。
正確には、もうすぐなくなるのがわかっていたけど、しばらく前に「よつ葉DS」を買ってあったので、それを使おうと思っていたからあえて買わずにいた。

よつ葉DSは、バターではない。

原料は 生クリーム(バターは生乳)。乳脂肪分は77%(バターは80%)

で、「生クリームをシェイクするとバターが出来るんだし、脂肪分が低いんならちょっとヘルシーなんじゃない?」と思ったわけで、、、、。

見た目は、さほどバターと代わりなし。いつも使っているよつ葉バターより、気持ち白っぽいかな?

一番最初に使ったKei が「なんか水っぽい感じなんだけど、、、いつもと違う?」

「あれ?そう?気のせいじゃない?」 なーんてしらばっくれてみる。

どれどれ、、、、。

トーストに塗ってみる。

ありゃ、やわらかい。
確かに、水っぽいって言う表現が適切かどうかは別として、バター特有のジワ〜〜ッてとけて行く感じがない。
さらっとしてる。
何より、香りと風味が、、、、ない!

あれ〜〜〜〜〜ぇ?
これ全然違うわ。
生クリームだって生乳が原料なんだし、乳脂肪分の3%分でこんなにも違うのか?
いつもの朝ご飯のシアワセタイムが、、、
バター好きの私としては、これは譲れないレベル。
バターってこんなにも すごいものだったんだ。

DS(デイリースプレッド)とバターは似て非なるもの。
それがわかっただけでも、よしとしよう。代金約800円は授業料。
450gの塊は、別の使い道を考えよう。
マフィンかクッキーか、サンドイッチか、、、、、。マフィンぐらいだとバターとの違いがわかりすぎちゃうのかな?


昔のCMのコピー
「味はバターで決まります」
ウーン、納得。






春のしあわせな一日

今日2回目の更新(やる気がある時だけ)。

昨日実家に行ってきた。お米とみかんとタケノコをもらいに。

どこも緑がきれい。
車で走っていても、気持ちがいいこと。

母が「この時期にきれいな緑を見ると、『あぁまた一年みかんつくるの、頑張ろうかなー』って思えるよ。」と言った。

そうだね。この季節は なんかやる気にさせてくれるすごいエネルギーを持ってるね。


DSCN5732.jpg

DSCN5736.jpg

実家の柑橘類。もうシーズン最後のネーブル、ブラッドオレンジ、甘夏。
皮を剥いて、いつでもOKの状態。
DSCN5744.jpg


両親が掘って茹でてくれた筍で炊いた 筍ご飯。
今日のお弁当に。
DSCN5728.jpg

やわらかく茹でてくれてあるのですぐ使える。ホントありがたい。
子供の時は、この時期は毎日筍ですごーい迷惑だった。
朝から筍のおみそ汁、お弁当も筍、夜も筍。

でも、歳をとったからか、最近は好きになった。
煮物、炒め物、フライに炊き込みご飯。
私と主人は喜んでるけど、子供達のウケが良くない。
ま、歳とればわかるでしょ、このおいしさが。

自然の恵みと両親のおかげで、今日も我が家の胃袋は満たされてマス。

ごちそうさま、感謝

娘のリクエスト

Momoの部活の定期演奏会まで2週間をきった。
相変わらず、家に帰ればご飯を食べて寝るだけの生活。

チーーーッとも勉強する時間もなければ体力も残ってない。
それでも何とか応援してあげたい。

「定期演奏会の翌日の打ち上げ、お母さんなんか作ってくれる?ケーキとか。」
「えーっ、ケーキですかぁ。どんなケーキ?」
「まぁ、チョコとか、チーズケーキとか、、、何でもいいけど。」
「でも、持ち運びしやすいのと食べやすいのがいいんじゃないの?ロールケーキとかさぁ、、、」
「そうだね。でも中にイチゴとかフルーツ入れてよ、クリームだけじゃないやつね。」

お〜お〜、いうのは簡単だけど作る身にもなってよ、、、と思ったが、そこは私も食べたいから結局は作るんですよ

で、早速試作ね。
スポンジ、、この上で寝たいわー。
DSCN5717.jpg

リクエスト通り、イチゴを巻いて、、、、

カット!8切れ分取れた。
DSCN5725.jpg

家族の評判もまぁまぁ。でも、イチゴはもうちょっと小さくして散らした方が食べやすいかもね。

でも、そこでMomoが
「あのさぁ、やっぱカップに入ったゼリーの方がいいと思うんだけど。手でもって食べたくないし、お皿とかフォークとか用意するのもなんだし、、、、。あ、フルーツ入ったやつね。」

あ〜、そりゃそうだね。

カップですか、、、。それも蓋付き フルーツ入りね。

なかなか年頃女子のリクエストは、気まぐれでハードルが高い。

バナナの話

いつも行くスーパーの青果コーナーで、バナナの試食サービスをやっていた。
「試食」は、いつもならスルーなんだけど、
バナナには ちとウルサイ私。

フムフム、甘熟王の「プレミアムリッチ」と「バナップル」、、?
バナップルって?何?
バカップルならきいた事あるけど

バナナの皮が、もうほとんど黒ずんでて熟れ過ぎって感じだし、見た目がよろしくない。
普通なら見切り品コーナーに置かれてても 売れ残りそうな色。
「『バナップル』は、リンゴやキウィフルーツのようなさわやかな甘みが特徴です、、、」と売り子さんがニコニコとアピールしていた。

ふーん、リンゴねぇ。どれどれ、、、(試食タイム)

あー!リンゴだ!ホントにリンゴの味がする。
食感はバナナ、味はリンゴ、香りはバナナとリンゴの中間か?

まずくはないけど、、、、、、リンゴ味のバナナって、なんか強い違和感が。

リンゴ味を求めるなら、リンゴを食べればいいよね!?
バナナが好きな人はバナナを食べたくて買うんであって、リンゴを食べたくてバナナを買うわけではないと思うのだけど。
少なくとも私はそうだ。
世の中の「バナナが苦手」という方がこれにトライしてみるのはいいと思うけど。

個人的にはバナナは、バナナらしくあってほしいと思うわけで、、、。
これから先、イチゴ味のバナナが出て来ようと、葡萄味のバナナが出て来ようと、うちの食卓に登場する事はないでしょ。
もうひとついうなら、バナナ味ののものはNG。お菓子やケーキもバナナ味では食べない。
これだけバナナ好きなんだけど、不思議。
バナナはあくまでも果物のバナナとして頂きたい。



そういうわけで、バナナ超保守党の私は、甘熟王のプレミアムリッチを購入。

おおー、普通の甘熟王よりもお値段高め。キラキラでまぶしー
DSCN5713.jpg

一本でもかなりボリュームが。ずんぐりムックリした太さ。
DSCN5708.jpg

いつもの甘熟王ももちろんおいしいけど、このプレミアムリッチさんは、更に上のレベル。
甘さも、ほのかな酸味もバランスがいい。
果肉もしっかりしてて断面も美しいし 硬さもいい。
うちでは、甘熟王かスウィーティオのどちらか、その時の値段と 見た目においしそうな房があるかで選んで買って来る。
毎朝のヨーグルトにスライスして入れている。大体3〜4等分/本。

このバナナ、本当にリッチ。
今朝、これを食べた主人も、絶賛だった。
バナナの味は、値段に比例すると思う。





ドラマ、あれこれ

今朝、子供が見ていた日テレ「Zip!」。

海外ドラマの「ザ・フォロイング」が紹介されていた。

家事の合間にチラッと目に入ってきたその人、
ケビンベーコン

おおーっ。ケビンベーコンが主役かー。

何せ、私の中学時代、サントラの歴史を塗り替えたといわれる映画「フットルース」の主役が彼。
(いやー、この世代って、歳バレバレですねぇ
決して美男子ではないけど、個性的でどこか陰があるような、独特の雰囲気が惹かれるものがあった。
えーっと、俳優としてのタイプは、クリント・イーストウッドに似てるかな、と。(異論がある方、お許しを)


出演した映画では割と悪役系が多かったと思うが、今度のドラマはFBIの捜査官。
おまけに、ドラマは初主演らしい。
あー、観てみたい。


海外ドラマといえば、NHKの「SHERKOCK」も すごーくおもしろい
カンバーバッチ扮するシャーロックホームズのあの頭脳、ワトソンとの絡み、ドラマ全体のテンポのよさ、配役(主役2人はもちろん、特にシャーロックの兄 マイクロフト)、、、、どれをとってもいいわ〜

今、再放送中。もうすぐ、シーズン3が始まる。
これも楽しみだ。



あ、もうひとつ、
人形劇「シャーロック・ホームズ」もなかなかよく出来てる。
子供向けっていえば、それまでだけど、三谷幸喜の脚本で、学園ドラマにアレンジされてる。
原作のエッセンスはいろんなところに効いていて、大人でも楽しめる。

NHKの人形劇っていえば、「紅孔雀」「八犬伝」「プリンプリン物語」の世代だから(同世代の人にしかわからない?)
毎日夕方6時25分(?)からは必ず観ていたけど、今の人形はかなり進化してる!

いやー、表情の豊かなこと。
セットが細かいこと。
人形を操る人のテクニックも昔とは違う。

プロの声優の吹き替えが、素晴らしい。
山寺宏一がシャーロック。15歳の知性あふれる、ある意味問題児のシャーロックを見事に演じてる。

三谷幸喜の人形劇は数年前に「三銃士」をやったけど、それよりも全てが格段にレベルアップしてる気がする。

こちらは、秋にまた放送があるようなんで それもまた観るつもり。


「楽しみな事がある」っていうのがいいな。










プロフィール

ゴーヤーサンド

Author:ゴーヤーサンド
FC2ブログへようこそ!
沖縄の青い空と澄んだ海が大好き。読書したり、料理したり、仕事と家事の合間の自分の時間がとても好き。
日々のいろいろを 不定期に”ちょこっと”書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。