スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜

久しぶりのケーキ。

娘の誕生日から数日遅れで買ってきた。
家族の誕生日には、地元浜松のアボンドンスのケーキを買う。

私が作るのとは違って「美しい」ですわ。
何人で食べるの?って言われそうな個数だけど、これで4人分。1人あたり2個プラス1。
一つが小さめなので、って言い訳がましいけど。

IMG_0230_convert_20150628202732.jpg

〆て、約5000円也。だから特別な日にしか買わない(買えない)。
ケーキを買うってどうしてあんなに心踊るのか?
大人になってからでも、いえ、もうアラフィフなのにケーキを買うとには、ワクワクしてしまう。
不思議な力を持ってるね。


もう一つ。
リビングに掛け時計を買った。
電波時計でシンプルなデザインのが欲しくて。

IMG_0220_convert_20150621162112.jpg

IMG_0228_convert_20150621162150.jpg

赤い秒針がきいてる。
なかなか「これ」というのに巡り合わなかったけど、これはかなり気に入ってる。

結構なじんでると思う。

もう6月も終わり、一年の半分が過ぎちゃった。




スポンサーサイト

だ、大丈夫なのか?

今回は、長男の話。

何回かブログでも書いている通り、長男 現在中3、一応受験生。

先週期末テストが終わった。
うちの中学、去年あたりから一学期は中間テストがなく期末テストのみ。
一学期の成績は当然のことながら、その期末テストの出来次第。

「マジで、ちゃんとやらんとまずいよ!」と、姉に尻を叩かれてた。それを聞いた私は(そういうアナタも、結構マズいんじゃないの?)と言いたかったけど、黙っていた

一日目のテストが終わった日「数学はすごいできた。多分いい線いってると思う」と、結構いい感じで帰ってきた。

「本当かな〜〜〜?いつもそう言って、結局うっかりミスで、ボロボロなんだよなぁ、、」と心の中でそう思ったけど、やっぱり黙っていた。

数日後 答案が返ってきたはずなのに、何も言わないので「数学、どうだったの?」て聞いたら
「もうさぁー、全然ダメだった。うっかりミスばっかり。わかってたのにさぁ。どうしてこんなとこ間違えたんだっていうところばっかり。もう、マジでひどかった 最悪だー!」と頭を抱えておられる。

答案を見ると、アレアレ。
なんでここまで+なのに次の行から−マイナスになってるの? とか
どうして”2x(エックス)”の”2”がなくなってるの? とか、そんなミスばっかり。
いつも以上にケアレスミスが多い。

「時間なくなるといかんと思って、とにかく早くやろうと思って。でも、やっちゃったら見直しするの面倒になって、さぁ〜っと見ただけになった。」

アカーーン!
そんなだったら、最初から丁寧にやればいいのに。
毎回のことなんだよな。いい加減、学習しようよ。




テスト明けの今週の日曜日、友達とバスで街中まで遊びにいく約束をしてきた。
メールで時間を決めて送信したらしいのだけど、送った張本人(うちの息子)が時間を間違えて一人だけ一時間早いバスで街まで行ってしまったという事案が発生。

他の子の乗ったバスが着くまでの約1時間、何を思って待っていたのだろうか。

それにしても注意力散漫すぎ!
こんな調子で大丈夫なのか?

 
                                              
で昨日「あのさぁ、幅跳びにかわった。」と。
陸上部で、ずっと短距離をやっていたのだけど、今週から突然 幅跳びに転向したらしい。

え?なんで?
7月の大会まであとひと月ないよね?それで引退だし。

「自分から『先生、幅跳びやってみたいです』って言って跳んでみたら意外と跳べて、、、。
先生も『あとひと月しかないけど、うまくいけばもうちょっとのびるだろう』って。
あと一回しか大会はないから、スパイクも幅跳び用のは買わなくても短距離用のでやればいいってさ。」

えー、えー?
いいの?
スパイクを買う買わないの問題じゃなく、幅跳びで試合なんか出たことないのに大丈夫???
引退試合が、ぶっつけ本番的な、、、。

って、この時期に種目転向って、言いだす方も「おいおい」って感じですが、先生もさらっとGOサイン出しちゃうところが、チャレンジャーだなー。
この前の大会も、普段は100mか200mしか走ってないのに登録人数の関係で急に400mにエントリー。結果はまあ、予想通り
100mとは全然違うもんね、400mは。究極の無酸素運動っていうぐらい苦しいし。

でも、今度は幅跳びですからねー、ただ走る距離が長い短いだけじゃない。
踏み切りのタイミング、踏み切ってからのフォーム、着地などなど多分初めての事ばかり。

どんな結果になるのだろう。
中学の部活最後の試合、せめて納得いく記録が残せますように、母は祈るのみ。


ピーピー

キレイな話じゃありませんのであらかじめご了承ください。

ここ1〜2年、時々悪臭がしていました。
特に気になるのはキッチン。
それも、朝起きて水道を使い始めたとき。

それからしばらく臭って、まあだいたい30分ぐらいすると何も臭わなくなる。
おかしいなぁ〜、と思って市販のパイプ洗浄剤とかも試してみたり、掃除もこまめにやっていた(つもり)。
でも、なかなか臭いが消えることはなくて嫌〜な感じ。

食器洗浄機が原因かな?と思って、くたびれかけてた8年選手の食洗機を思い切って交換することに。

ええ、高い買い物でしたわ。
ビルトインの食洗機。パ◯ソニックのエコナビ付きっていう、割と上位機種。
でも、毎日使うものだし、これなしでは私 生きていけない!
料理は好きだけど、洗い物はなるべく遠慮したい、と言うダメダメ主婦。

昔は全部手洗いだったのだけど、人間 便利なものに慣れると、後戻りできないのね。
先輩主婦の方々になんと言われようが、必需品。電子レンジはなくても食洗機は必須。

で、先日この食洗機を入れ替えるときに、水道業者さんに悪臭について相談したところ食洗機と排水管の接続も問題ないし、食洗機自体も問題ない、屋外の”ます”も臭わない、と言われ、じゃあどこが原因なんだ?と。

確かに食洗機を新しくした後も、やはり朝イチで臭う。

もう一度業者さんに来てもらい、キッチンの流しをみてもらう。

何度も水道を流してみた後にシャーロック・ホームズいわく、一見水が問題なく流れているのだけど、自家サイホン現象というのが起きている、と。

配管のどこかに狭いところがあって、ある程度の水量を流すと、狭くなったところを通過するときに 呼吸するように圧が変化して、排水口のトラップのところの水が全部引いてしまい配管の内部とキッチン側が交通(通気)してしまうことで 中の臭気が上ってくるのではないか?という推測。

ふーーーん、自家サイホン現象。科学だわ〜。

確かに、水を流すと、一見スムーズに流れていくように見えて、トラップのところの水位が、クーーっと下がって、その後ゴボっと音を立てて水が戻ってきた。おおおーー。

で、で、どうすればいいんでしょうか、ホームズ先生。

「これが原因とは言い切れませんが、床下をはがして配管を交換するのも高額で大掛かりだし、配管が狭くて高圧洗浄の機材が上手く入っていかないかもしれないので、業務用の洗浄剤で詰まりが取れるか、まずはそこからにしましょう。一番安価で手間もかからないので」とのこと。

昨日、持ってきてくれたありがたいおクスリ。
その名もピーピーライト。

IMG_0219_convert_20150621161950.jpg

(ブログにアップして時点では、縦写真ですが、また以前のように一晩経つと横向きになっているかも、、、あしからず)

ネットで調べたら、「ピーピースルー」という強力な姉妹品もある。

昨夜、早速ピーピーを流して洗浄。

洗浄後、自家サイホン現象はなくなった!
ってことは、やっぱりどこかが詰まっていたのか。
ピーピー様すごい!

今朝は、かすかに臭うかな?っていう程度。

どうかこのまま、臭いませんように。

念のため(?)ネットで、ピーピースルーも注文しておいた。
もう一回やったら、きっと完璧なはず!





誕生日

もうすぐ、娘の誕生日。

「今年のプレゼントには腕時計が欲しい」とリクエストされていました。
学校でスマホが禁止になったので、腕時計がないと不便になった、ということらしい。
私も高校に入ったときには、両親が時計を買ってくれたっけ。

そういうわけで、二人で実家近くの時計屋さんへ見に行ってきました。

白状すると、ネットで適当なやつがあったら安く上がるだろうと思っていたのですが、PCの画面上ではイマイチ質感や重さ、色なんかもわかりにくい。「やっぱり実物を見た方がいいよね」と。

最近の腕時計、比較的”カワイイ系”が主流らしく、文字盤にもいろいろな模様が入っていたり、ストーンが使ってあったり、ピンクっぽい雰囲気のモノも多い。
時計屋さんのご主人に「私が高校生の頃からすると、今では大人が使うモノでも子供っぽいっていうかカワイイですよね」と言ったら「そうですね。それでもって使う人の年齢を選ばないっていうのが最近の特徴かな。結構こういうのでも50代60代の人でも使ってるんですよ。」と。

私からすればただ単に「幼稚っぽいデザイン」のモノでも、言い方を変えれば「オトナカワイイ」っていうことかしらん?

まぁ私が使うんんじゃないし、娘の好きなのを買えばいいわと思っていましたが、これがなかなか決まらない。何度も、いくつもショーケースから出してもらって、持ってみたり腕に当ててみたり、あーでもない、こーでもない。

最終的には、シンプルな文字盤、ストーンなし、メタルバンド、ソーラー電波のCITIZEN製に決まりました。チタンで軽いわ〜。

IMG_0195_convert_20150609223009.jpg

気に入ったのが見つかってよかったです。
予算オーバーだったけど、、、、、!
こういう時は、財布のひもがなぜか緩んでしまうのです。

この時計つけたら、娘がちょっと大人っぽくなったような気がしたのは、母親の欲目ですね、きっと。

ある本をきっかけに即 行動する

昨日、本屋の新刊コーナーでヒザを抱えたおじさんと目が合い、パラパラとめくり中身拝見。

IMG_0214_convert_20150614204918.jpg

すぐに購入。

家ですごい勢いで読み終えて、主人にも「とにかく最初だけでもいいから読んでみて!」と。半ば強引に押し付ける。

 中崎タツヤ(初めて聞いた漫画家さんだった。失礼!)『もたない男』新潮文庫


命と金と妻以外、なんでも捨てる!人気漫画「じみへん」作者は究極の断捨離オトコだった。〜文庫背表紙より〜

この人の仕事場のマンション、とにかくモノがない。空き部屋じゃないの?と思うくらい。ゴミ箱もない。
筆者がモノを捨てる基準は「必要か必要でないか」ただそれだけ。シンプル!
どんなに欲しくて買ったものでも、「もしかしてなくてもいいんじゃないか?」「これって必要ない」と思ったら、捨てる。
購入した時にどんなに高価だったかとか、いつか使うかもとか、そういう理由でモノをとっておくということはない。

文庫本も読み終わったページは捨てる(読み終わってから捨てるのではない)。
本類はまとめて、ブック◯フに持って行ってもらおう。
きっといくらにもならないだろうけどさ。
ボールペンインクも使っていてだんだんに減ってきたら、芯も外筒もカッターで切って短くする。
不要になったモノをそのままにしておくことは、許せない。
パソコンも 4台あった趣味のオートバイも、そのオートバイの泥除け(フェンダー)もいらないと思ったら捨てる。

うちもモノを処分してスッキリしたいな〜と前々から思っていたので、主人を巻き込んでゴーヤー家の断捨離を決行。
テレビの周囲、リビングのソファ周辺、パソコン周りに手を入れる。

午前中 約2時間。
まぁ、いらないモノがわんさかわんさか。
もう読まないであろう本の類、子供たちが小学校で書いた作品、プリント類の多いこと!

ゴミ袋がすぐにいっぱいになってく。

IMG_0210_convert_20150614204846.jpg

IMG_0209_convert_20150614204738.jpg

IMG_0208_convert_20150614204545.jpg

大事に取っておいたコミック(あ、私のです。)も、この際処分。
もうずっと読んでないし、また読みたくなったらレンタルしてくればいいし。

クリアファイルなんてあちこちでもらったのが、10枚以上も。
分厚い道路地図や写真や写真立てのほか、電化製品の保証書やトリセツもスッパリ捨てた。
学校でもらった賞状、何本もあるボールペンや色鉛筆、古くなった消しゴム、、、、、。
子供の出た大会のパンフレットも結構あった。

キッチンの方に手を広げて、保存用のタッパー、使っていないフォークやスプーン、おかし作りに使う洋酒のミニ瓶、、、、。水筒も使ってないのが3本もあった。

今までも捨てようと思って、悩んで結局捨てられなかったモノたちを、バッサバッサと斬り捨てていく。

下駄箱の中に眠っていた、何足もの靴。
REAGALの靴が好きで、買ってしまってあったけど、もう全然履かなくなっちゃった。試しに履いてみたら私の足には合わなくなっていた。踵のあるパンプスやサンダルなんて恐らくこれからも履かないだろう。
そう思ったら、未練なくゴミ袋へ入れられた。 

頭の片隅で『総額いくら分捨てたかな?」とチラリと思ったけどね。

今までは「(値段)高かったしな〜。」って、使った金額が大きければ大きいほど捨てられないでいた。

あー、なんとまあたくさんの必要ないモノに囲まれて生活していたのか。
うちはモノが少ない方だと自負していたけど、なかなかどうして。あるわ〜〜〜!
今日は2時間しかやってないけど、納戸や洗面所、キッチンの食品庫だともっとすごいことになりそう。


それでもやればやっただけのことはあるわけで、不要なモノが占めていた空間がスッキリした。
気持ちもすごーく晴れ晴れとしてくる。


家のモノを減らしたいと思ったら、まずこの本を読むと勢いがつくこと間違いなし。

さあて、次回のゴミの収集日が一苦労だわ(ははは)。







吉田修一 「パレード」

吉田 修一「パレード」読了しました。

IMG_0197_convert_20150609223041.jpg

一度読み終えて、もう一度最初から読み返しました。

結末がわかってからもう一度読んで、やっぱりこの作家はすごいと唸りました。

〜都内の2LDKのマンションに暮らす男女4人の若者達。「上辺だけの付き合い? 私にはそれくらいが丁度いい」。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、”本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め、、、、。     〜文庫背表紙より〜


以下ネタバレ有りかも








9割5分くらいまで「これは青春小説の部類かな?」なんて思いながら読んでいました。
「横道世之介」と「パーク・ライフ」を続けて読んでいたせいもあって「ああ、東京で暮らすっていうのもいいな」なんて思ったり。
特に「パーク・ライフ」なんて、どんなあらすじ?て聞かれても答えようがないくらいの話なんだけれど、それでも、都会で生活することに憧れを抱かせるような爽やかさ、人とのつながりの危うさや温かさなんかも感じられて、好きな作品の一つになりました。
「吉田修一タッチ」あっぱれ!なーんてね。

だから「パレード」もその類いかな、と。
そう、もう一度言うと9割5分、いや9割9分はそうでした。

でも、かなり衝撃的な結末でした。
この小説で登場する5人の若者の一人一人が私は好きです。
同居人同志、つかず離れず、いい距離感で暮らしていて、ルームシェアっていいよなと。

でも、この居心地のいい空間では、それぞれが自分をさらけ出しているようで、そうではなく、今のこの居心地の良い”世界”を失わないように、見て見ぬ振りをし、誰もが気づいていながらあえてそれには触れないことで保たれていたんですね。

直樹がやったことを、サトル以外の3人が本当に気がついていたかどうかは、はっきりと書かれてはいません。
でも、私もサトルが言うように「みんな知っていた」と思います。

知っていても、何も言わない。

これは、別に小説中の登場人物に限ったことではないですよね。


「見なかったことにしよう」「他の誰かが気がついて声をあげるだろう」「余分なことに巻き揉まれたくない」「面倒はごめんだ」、、、、、などなど。自分の利益や保身を最優先して自分の行動を決める。今の日本の多くの人が無意識に抱えていることでしょう。

自分の今の現状を打破しようともがいている人にとって、何か変化が起きればいい方へ向かうんじゃないかという根拠のない期待。
そしてその変化を自らの手で起こそうとした直樹。

直樹がやったことも怖いけど、犯人が直樹だとわかっていて同居を続けている男女も怖いです。
でもその同居人一人一人は、私たち現代人一人一人なんでしょうね。
吉田修一、さすが。


ついでに昨日DVDも借りてきました。

どんなに仕上がってるのか、とても楽しみです。




コーヒーショップ

前にも書いたかもしれないけど、コーヒーが好きです。
1日3杯くらいは飲んでいます。
エスプレッソマシーンが10年以上あって、それでカプセル式のエスプレッソを入れて飲んでいた時期もありましたが、キッチンで場所をとるので思い切って処分しました。

その前はペーパーフィルターでドリップしていたこともありましたっけ。

今は、もっぱらインスタントです(ネスレ風に言うと「ソリュブルコーヒー」)。

IMG_0164_convert_20150603190828.jpg

外でもよく飲みます。
コーヒーショップやコンビニコーヒーが多いですが、カフェもたまには行きます。

でも、なんとなく行きにくいコーヒーショップがあります。
なぜか、ス◯バと星乃珈琲はあまり行きません。

ええ〜?なんで?と言われますが、理由はうまく言えません。

タリーズとかエクセルシオール、ドトールなんかは別になんてことはないのですが、、、、。


星乃さんは、たまたまなのかどうかわかりませんが、女性客がほとんど。
女性グループの話声が結構耳に響くのです。
しかも皆さん滞在時間が長いし。
一人で入って、本を読みながら珈琲を飲みたい私には不向きだな〜と。



ス◯バは、お店の雰囲気は決して嫌いじゃないんです。
が、店内で珈琲を飲んでるお客さんたちが 皆それぞれに
「ス◯バで過ごしてる自分がかっこいい」オーラを放ってるように思えてしまう。

いえ、日本全国のス◯バに入ったわけじゃないので断言はできませんが、私のごくごく狭い行動範囲のなかのス◯バはそんな気がするのです。

一人でタブレットを開いて電子書籍を読んでる人
ソファで一人足を組んで外を眺めてる人、
目をつぶってイヤフォンで音楽を聴きながらリズムをとってる人
カップルで来ても、時々言葉を交わす程度でそれぞれに静かに珈琲をたのしむ人

みなさん、それなりに素敵なんですよ。
でも、私自身はその空間から浮き出てしまうような気がして、なんか落ち着かないですよね。

本を読もうにも、周りが変に気になっちゃって、コーヒーの味も本の内容もほとんど記憶に残らない。
タリーズとか他のチェーン店では全くそんなことを感じずに楽しめるのに。


おかしいですよね。
自分でもそう思います。

「ス◯バ・コンプレックス」

これが自己診断の結果です。

最近、私の居住地近辺でもス◯バ出店数が急増していて、
看板を見ただけで、「ああー」って思ちゃう。


あと皆さん、フラペチーノ系とかラテ系、好きですね。
個人的には 甘い飲み物っていうのが好きではないので、まずオーダーしません。
ブラックか、シュガーレスのカフェラテオンリー。コンビニでも同じ。

でも、お供に甘いものはいいですよね。

この頃のお弁当のあとのコーヒーのお供は、これ。
ナビスコのエントリー。

IMG_0168_convert_20150603190917.jpg


ちょっと塩気の効いたクラッカーとクリームのサンド。
大昔(物心ついた時)からある 私的スタンダード。

私的スタンダード、これを話し出すと長くなりそうなので、また小出しに、、。





雨の日に桃を買いに

昨日の夕方、買い物に行った帰り「桃直売」の看板を発見。

あ〜、もうそういう時期だったんだ。もう6月だもんね。
最近いろいろあって忘れていました。

今日、その農家さんに直接買いに行ってみました。

最近暑い日が続いていたけど、久し振りの雨で今日は涼しく感じます。

桃農家のおじさんが、「今年は天気が続いたから色も味もいいよ」と日焼けした顔で教えてくれました。
まだ出始めなので小ぶりだけど、6/10過ぎからは本格的に玉のそろったのが出てくるそうです。

IMG_0162_convert_20150603190804.jpg

家で早速、シロップ煮にしてみました。

半割りにして種をくりぬく。
水と砂糖とレモン汁で10分煮たら火を止めてそのまま冷ます。
IMG_0173_convert_20150603190944.jpg

皮をむいて汁ごと冷蔵庫で冷やす。
IMG_0177_convert_20150603191009.jpg

難しいことは何もない、でも砂糖をケチると「アレレ??」な味になるので気をつけるのはそのくらいかな?

小さい頃から桃缶が好きでした。
あの「つるん」とした桃尻部分にかぷっと歯を立てると、なんとも言えない幸せが、、、。

子供の頃食べた桃缶なんて、安〜いヤツだったと思いますが、それでも嬉しかったですね。
大人になってから、少々高めの国産桃の缶詰を食べてから、「あ〜、中◯産のとは別物だわ」と覚醒しました。
でも、さすがにいつもいつも食べられません。高いんだも〜ん。
先日東京の高級スーパーでは、1缶2000円以上していて、ビックリ!


何年か前から自分で作るようになってからは、ますます缶詰を買うのがもったいなくなりました。
桃によっても、その日の砂糖のきかせ具合によっても、出来上がりは多少変わりますが、桃1000円分でこれだけできれば上等よ。

ちゃんと瓶づめにして煮沸すれば、もっと日持ちするんでしょうが、あいにくそこまでの根性は持ち合わせておりません。いいんです、今の季節限定で楽しめれば。

そういえば、私は旬のものを冷凍することもあんまりしないなぁ。
筍や蕗やグリーンピースなんかも、その時存分に頂いて、シーズンが終わったらハイそれまでよ、って感じです。

冷凍したら一年中食べられるよっていう人もいるけど、家庭用の冷凍庫なんてどんどん霜が付いてくるし、味も落ちる。
それに、その季節でしか味わえないっていう方が、なんだかありがたみが増すような気がします。
秋や冬に筍ご飯やグリンピースご飯ていうのも、いまいちピンとこないですしね。

どうしても料理に使いたい時は、水煮や缶詰を買ってくることもありますけど。



始まったばかりの桃シーズン。
シロップ煮  作るのもいただくのも楽しみます。ヤッホー!





プロフィール

ゴーヤーサンド

Author:ゴーヤーサンド
FC2ブログへようこそ!
沖縄の青い空と澄んだ海が大好き。読書したり、料理したり、仕事と家事の合間の自分の時間がとても好き。
日々のいろいろを 不定期に”ちょこっと”書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。