スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝

この前の記事に、娘に突然 蕁麻疹が出たことをちょろっと書いたのですが、
出たり消えたりを繰り返し、38度の熱や胃痛まで出現。

アレルギーの薬を飲んでも全くおさまる気配がなく、皮膚科のクリニックでステロイド剤を注射してもらった。
が、それでも程度は軽くなってきたものの、出たり消えたり、、、。

原因は不明。
思い当たるものは何もない。

体幹はもちろん、顔や足の裏にまででる!
まぶたや唇、頬も真っ赤!

受験生には「勝負の夏休み」なのに、補習も連日欠席で、気持ちも焦る。

本人は精神的にもかなりきつい一週間だった。

ま、しょうがないよ。
気を楽にして、気分転換に漫画でも読んだら?と好きな「スラムダンク」を全巻レンタルしてきてあげた。
(ただ単に私が読みたかっただけ?)
桜木 流川 やっぱいいなーーー。



実は、私も高校生の頃、同じように蕁麻疹に悩まされた時期があった。
夕方になると、決まって全身にブワーーーっと出たもんです。


顔は、鼻と頬の凹凸がなくなるくらい。まぶたも腫れてお岩さん状態。
髪の毛の生えてるとこにも容赦なく出る。

時間が経てば、消えるとはいうけれど、顔に出たのはなかなか治らず2〜3日かかった。

最初は、学校を休んだけど、さすがに毎日となると授業も遅れるので、マスクをして登校した。
年頃の女子にはツラかったな〜〜。

田舎の町医者なので、今のようにステロイド剤なんぞは使ってくれず、
ごく安い解毒剤を注射してくれたのと(こんなんで消えるほどヤワな蕁麻疹ではなかった)
抗アレルギー剤を「ポツポツ出始めたら早めに飲んでね」と屯用で出してくれただけだった。

そんな状態が1ヶ月以上続き、また何が効いたのか自然と収まっていったけ。


その後も、何かの拍子に唇あたりに出ることがあったけど、ひどいのはなくなった。

実は、実は、私の母も同じく蕁麻疹体質。
そのまた母(私の祖母)も同じく。
加えて、私の妹も!

もうこれは完璧にDNAに組み込まれてるわ!

娘に「もう4代続くやつだから。悪いけどあきらめて。でも、死ぬことはないってことも実証済みだから」と、なぐさめにならないことをいう なんとも無責任な母親。

ここ2日ぐらいは「ポツ」くらいで済んでるそうなので、このまま落ち着くといいね。


つい最近開業した皮膚科のクリニック、エステサロンみたいに(あ、行ったことないけど)キレイだったわー。




スポンサーサイト

読書 備忘録

うわー、忙しくしてたらずいぶん更新が滞ってる。え? 2週間も?
もう 何か帰ってきて夕ご飯支度して、食べて片付けて、お風呂に入って、主人の晩御飯の支度して、洗濯して、、、、洗濯機が止まるまでソファでウトウト。
なんとか洗濯物を主人と干して、もう限界、バタンキュー。

長女もお疲れモードで、体調最悪。昨日から全身に蕁麻疹が出たり消えたり。
薬飲んでも引かないし、顔は悲惨な状態になってるし、胃腸もやられて食欲もなし。かわいそすぎる。

てことで、とりあえず、ここ最近で読み終えた本の備忘録。


IMG_0253_convert_20150713155729.jpg

IMG_0254_convert_20150723185553.jpg

感想は、またいつか書けたら。

特に「何者」は書きたいと思うのですが、また時間のあるときに。


ちなみに、本屋数件覗いたら、又吉先生の「火花」は完売だった。
すごいね、受賞効果。それを買いに行ったんじゃないですよ。念のため。
(私の欲しい本は店頭にはなかったのでネット購入することにしました。)

しばらく前は直木賞も「該当作品なし」っていうこともあったけど、出版業界にとっちゃ そんなことされたら死活問題ですしね。◯◯賞っていう看板は大きいですね。日本人はこれにヨワいから(笑)。
わたし、受賞作品、すぐには買わない。
2年ぐらい経ってから、やっと手を出す(苦笑)あまのじゃくだから、、、!


オススメ その2

私の暮らす浜松のお土産といえば、うなぎパイがダントツに有名。

この近辺、どこに行っても売ってる。
観光地や駅、サービスエリアはもちろん、地元のスーパーやコンビニにも。

もちろん美味しくて、お土産にも人気があるのは地元民にとっては喜ばしいことなんだけど、自分が食べるために買うってことはないんだよなぁ。

浜松のお菓子で、私が「自分でお金を出してでも食べたい」と思うのは、これ!

IMG_0244_convert_20150709214206.jpg

まるたやの あげ潮

IMG_0217_convert_20150621161902.jpg



多分、私が子供の頃からあったと思うのだけど、あまりの地味さに長いこと手を出さなかった。
だって、本当に見た目 地味〜〜〜!

誰かからの頂き物で「ああ これかぁ」って、あんまり期待しないで食べたら、一発でやられた。

うわっ 美味しいじゃん!

カリカリの食感はくるみやコーンフレーク入りだからかな。所々レーズンがアクセント。
コーヒー、紅茶、牛乳にもよく合うのね。

私、クッキーってどちらかというと苦手な部類。ビスケットは大好きなのですけどね。その私が一袋600円以上を出しても買ってしまうお菓子。

浜松のまるたや といえば全国的にはチーズBOXが有名だけど、そのチーズケーキのボトムにはこのあげ潮が使われてるらしい。
それにならって、私もチーズケーキを作るときにはわざわざあげ潮を買ってくることも、、、。

うなぎパイほどではないけど、注意して見れば主なお土産売り場には置いてあるんじゃなかろうか。
でも、地味だからな〜〜。あ、地味すぎて目立つかな?

小袋バージョンもあって、こういうのお土産でもらったらぜっていに嬉しいと思うんだよね。


私の経験では、賞味期限ギリギリでは風味が落ちているので、買ってきたら(幸運にもお土産でもらったら)早いうちに食すべし。
大事にしすぎてはイケマセン。


これはオススメ!


この前 静岡に行った時に買ってきたお土産。
ジャーン!

IMG_0239_convert_20150705133138.jpg

谷岡の甘栗。

IMG_0241_convert_20150705133221.jpg

これ、すごく美味しい。ホントに美味しい!
私が知る限り、日本一美味しい。
どの栗も マルマルつやつやしていて、実が詰まってる。ハズレなし。

甘栗というと、最近はカラを剥いたパック詰されたやつが主流になってるけど、私はあれは甘栗とはベツモノだと思っている。むき甘栗で、美味しいと思うのに出会ったことがない。というか、甘栗はカラを割ってむきながら食べるからいいんだよ、と。

同じく、落花生もカラ付きで食べたい。
”落花生”というとカラ付きで、”ピーナツ”というとカラも皮もなくあの実だけになったの、っていう勝手なイメージがあるなぁ。

で、この谷岡の甘栗は、ずーっと昔から静岡駅で売られている。
受験に訪れた30年前に、無事試験を終えて、ほっとした帰りに買って帰った思い出がある。
その後 学生生活3年のうち、帰省するたびに駅でこの甘栗を買って帰ったっけ。

今も変わらず、静岡駅のコンコースの小さな売り場で売られている。
静岡駅のすぐ近くに工場があって、そこで焼いて、焼きたてを袋詰めして売ってるのだけど、まあ しばらく見てると、この夏の時期に、なんで甘栗?って思うほど、よく売れてる。
一度食べたら、パックの剥き甘栗は食べられなくなると思う。

うちの息子からは「どうしてもっとたくさん買ってきてくれなかったの?」と、お叱りが。

ああこんなに美味しいなら、他でも売ってくれたらいいのに〜、と思うけど、静岡駅に来ないと買えない。
売り場はここだけだから。
おまけに、新幹線でも、在来線でも、改札を出てコンコースに出ないと買えない。

通販もしているようだけど、焼きたて当日と翌日では、当たり前だけどその日のうちの方が絶対絶対 美味しい。
通販だと、早くても届くのは焼いた翌日だろうから。

もし静岡に来ることがあったら、「たかが甘栗」と思わずに、一度食べてみてくださいな。



(オススメ第二弾に続く)

古賀茂明氏 講演会

昨日は、静岡市で行われた古賀茂明さんの講演会へ。

同じく静岡市内で同窓会があった。
もう、卒業して25年経ってしまったなんて信じられない〜〜
みんな変わってなくて、笑えてしまった。
とにかく楽しくて、話は絶えない

そんな楽しく幸せな時間を過ごした後に、これからの日本がどうなるのか?と言う話題は、気分的にもシビアだなと思ったけれど、どうしても古賀さんの話を聞きたかったので、この講演会を新聞で知って、すぐに申し込んだ。

IMG_0243_convert_20150705133055.jpg

古賀さんは、 報道ステーションのコメンテーターとしてテレビ出演されていた。
最初は「元経産相の官僚」と言うことで、どちらかというといいイメージはなかったけど、コメントの内容が鋭いし、本当は国民が知らなくてはいけないことを的確な言葉で語ってくれる人だと思うようになった。

今年の3月末の報道ステーションの生放送も観ていて、古賀さんが『I am not ABE』を掲げて降板についていろいろなやりとりが放送された時に、一体今国民何%の人が、この重大さをわかっているのかなと思った。


私もあまりわかっていない方だけど「ああ、もう今の政権に都合の悪いことを言う人は、どんどん切られていくし、マスコミも政権寄りの報道しかしないことが証明されたんだ。」と感じた。

「私たちが経験したことがないような恐ろしい時代が来るかもしれない」気持ちの悪い怒りも湧いてきた。
 
実際のところ、テレビや新聞も言論統制されてきているので、ほとんど報道の内容は信じていないのだけど、いまの日本について古賀さんの考えを一度しっかり聴きたいと思って参加した。

会場の講堂は、満員。
チケットは早い段階で完売し、さらに席を増やしたけどそれも完売。
なんとかキャンセル待ちでも、と言う方もいたらしい。

それだけ「いまアベを止めなければそうとうアブナイことになる」という危機感を持った方が多いということだと思った。

国民の大半が「嫌だ」「おかしい」と思っていることであっても、そのことで得をする一部の人たちのためにそれが押し通されてしまう現実。
それならどんな抵抗をしても無駄じゃないか?と思うかもしれない。

マハトマ・ガンジーの言葉
「あなたがすることのほとんどは無意味であるが それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは世界を変えるためではなく 世界によって自分が変えられないようにするためである」


古賀さんは報道ステーションで最後に提示したフリップにも この名言が書かれていた。

無知でいるように飼いならされた国民、、、、、、、
ここから脱却しなきゃ 冗談抜き「マジでヤバイ」


古賀茂明氏 フォーラム4



プロフィール

ゴーヤーサンド

Author:ゴーヤーサンド
FC2ブログへようこそ!
沖縄の青い空と澄んだ海が大好き。読書したり、料理したり、仕事と家事の合間の自分の時間がとても好き。
日々のいろいろを 不定期に”ちょこっと”書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。